// //
廃墟の中で、1台だけ残されたピアノの情趣的な姿を撮影した写真「ピアノの為のレクイエム」 : カラパイア

14_e

 フランスのピアニストであり写真家のローマン・ティエリー氏は、ヨーロッパ中の廃墟を巡り、そこに放棄されているピアノを探し、それを撮影している。

 ティエリー氏の写真集『ピアノの為のレクイエム』には、朽ち果てていく静寂な廃墟の中で、最後まで凛々しくあろうとするピアノの存在感が際立っている。
スポンサードリンク

 自身がピアニストであるティエリー氏は、放棄されたピアノを発見すると、愛情とも憐憫ともつかない感情を抱くという。

 打ち捨てられているピアノは鍵盤を失っていたり、脚が折れて倒れている場合も多い。

 ティエリー氏は、ピアノの写真を撮る瞬間、長い間沈黙していた鍵盤から音が聞こえてくるという。これまでのピアノの人生が彼の中に流れ込んできて、その最期を看取る強い使命感に駆られるのだそうだ。

 これらの写真は、フランス、イタリア、ベルギー、ウクライナ、ドイツ、ポーランドなどを旅した時に発見されたピアノだ。
 
1.
01_e
image credit: Roman Thiery

2.
02_e
image credit: Roman Thiery

3.
03_e
image credit: Roman Thiery

4.
04_e
image credit: Roman Thiery

5.
05_e
image credit: Roman Thiery

6.
06_e
image credit: Roman Thiery

7.
07_e
image credit: Roman Thiery

8.
08_e
image credit: Roman Thiery

9.
09_e
image credit: Roman Thiery

10.
10_e
image credit: Roman Thiery

11.
11_e
image credit: Roman Thiery

12.
12_e
image credit: Roman Thiery

13.
13_e
image credit: Roman Thiery

14.
14_e
image credit: Roman Thiery

15.
15_e
image credit: Roman Thiery

via:Roman Thiery / SO BAD SO GOOD など / written by どくきのこ / edited by parumo
▼あわせて読みたい
肉は腐りかけがうまいというが、廃墟も朽ちかけた感じが美しい。世界各国廃墟巡り


朽ち落ちる直前の美しさを永劫の記録に「消えゆく世界の美しい廃墟」


放置された神々の像が独特な世界観を生み出している、バリ島の廃墟ホテル「ベドゥグル・タマン」


廃墟好きなら死ぬまでに行きたい。退廃的美しさを誇る世界23の廃墟めぐり


アメリカに点在するガソリンスタンド廃墟

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2018年07月30日 22:34
  • ID:lnu.tOeH0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2018年07月30日 22:36
  • ID:w8zAPIyu0 #

本当の幸せ教えてよ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年07月30日 22:54
  • ID:I5MmYDw.0 #

写真の美しさもさるものながら、建物そのものも悪戯された様子もなくてただ時を重ねているからいいね

4

4. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 00:14
  • ID:kjPIx1kU0 #

移動させてるのなんか嫌だ
埃の跡がついてる…

5

5. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 00:17
  • ID:1r6F5qBh0 #

なんかうまくまとまりすぎてて
廃墟に見えんな

6

6. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 00:28
  • ID:R358Zh6i0 #

ポップンミュージックのRuinous roomとSilent roomみたい・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 00:31
  • ID:sHwLc7zr0 #

かつて人に使われていたものが使われなくなり、人も去り朽ちていく様はもののあわれを感じる・・・

8

8. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 01:28
  • ID:hqadn.780 #

オルガン混ざってない?

9

9. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 05:46
  • ID:7TXPZsWj0 #

1番の床のモコモコって何だろう?

2番のらせん階段カッコイイ〜(*´∀`*)

10

10. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 06:25
  • ID:BP9uY6Q90 #

4番目画像、なんか床のムヤムヤした奴、あれ何⁈
裸足でウッカリ歩いたら、うわあー! 足の指の間があ!((((;゚Д゚)))))))
気持ち悪いなんてもんじゃなさそうな嫌悪感やあ・・
ごめん^_^; ピアノより、そっち目が行った。

10番画像は、綺麗にリニューアルすれば、結婚式場とかに使えそう。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 06:42
  • ID:sqd6fXvM0 #

ピアノって再生とかしないのかな?
実はこの中のピアノのひとつがバイオリンで言うストラディバリウスみたいな名器だったりしてね。

12

12. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 07:21
  • ID:CvPzVI8o0 #

もっと暗くてジメジメしてるのが廃墟

13

13. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 07:25
  • ID:3BKJXEsH0 #

アコースティックピアノが富の象徴だった時代。今でもフルコン(コンサート・グランド)は1500〜3000万円ほどのお値段。が、今や20万円台の電子ピアノにそれら超高級モデルをサンプリング(デジタル録音)したPCM音源が内蔵されています。調律不要(デジタル再生)で防音室も不要(ヘッドホン利用可)。時代は変わりました。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 07:42
  • ID:m1ERp.Si0 #

ピアノの森は無理か…

15

15. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 08:38
  • ID:tUfdYw1I0 #

ピアノ放置しすぎぃ!

16

16. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 10:59
  • ID:YGc87dvS0 #

でもグランドピアノって何であの形なのかな不思議なアールつけてるけど
音響効果的なものなのかね

17

17. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 11:21
  • ID:svfBKlwN0 #

こんなんなる前にだれか持っていけばいいのに。勿体ない。。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 15:52
  • ID:QYZeE7V70 #

1,4枚目の床のフワフワは何ぞ?

19

19. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 17:50
  • ID:3HbMntvb0 #

9は廃墟っぽくない

20

20. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 20:15
  • ID:Fh.H4omQ0 #

1.と4.は、アスベストが剥げて床に落ちてるんじゃないか?

21

21. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 20:38
  • ID:mMP9ZZO50 #

※2
壊れかけの蛾次郎

22

22. 匿名処理班

  • 2018年07月31日 22:30
  • ID:z.fFAVGj0 #

死してなお気品のある姿を保っているのは、やはり王の風格を感じますね。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年08月01日 07:43
  • ID:518Uvs8G0 #

1900が居そう

24

24. 匿名処理班

  • 2018年08月01日 14:29
  • ID:AFJpQvfc0 #

※16
弦の長さで音階が決まる。低ければ弦は長く、高い音なら弦は短くなる。それに合わせると中の響板も含め、まあああいうカーブを描く事になる。アップライトはあの形ありきなので、明けてみればやっぱり弦の長さが違うのがわかるわけさ

25

25. 匿名処理班

  • 2018年08月03日 00:22
  • ID:WfZpGzyA0 #

ウチのにはネズミさん一家が住んでいたよ

26

26. 匿名処理班

  • 2018年09月09日 14:21
  • ID:idTvwa720 #

英雄ポロネーズが聞こえる

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク